Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // 「風の時代」がやってくる!

Blog ブログ

CATEGORY

  ブログ

「風の時代」がやってくる!

和歌山市の6時の気温が2.8度。
昨日より低いです~。


 

あ、でも、
今朝は、昨日ほど冷え込みを感じません。
身体が少し慣れてきたのでしょうか?

寒いのは寒いですけどね。

 

頭で考えるより、
身体が覚えていることで、
身体の反応が変わることってありますよね。

で、頭と体を比べたら、
身体の反応の方が正直だったりします。

 

私が最近感じたのは、
例えばこんなこと。

 

バレエを復活するために、
家でストレッチをしていた頃より、
やると決めて、
実際にスタジオに行ったときの方が
身体が柔らかかったりするんです。

 

過去何年かのレッスンの記憶が身体に
刻まれているからなのでしょう。

 

頭では「もうできないかも」と思っていても
身体はちゃんとわかっている。


 

だから、
身体の反応って、ほんと正直で愛おしいです。


 

よく「身体の声を聴く」といいますが、
ホントにそう。

 

自分の身体に向かって問いかけたり、
身体に向き合うことも大切と思います。

 



 

さてさて、
昨日、ちらっと書きましたが、

12月22日を境に、
「風の時代」がやってきます。


 

コレ、占星術を信じない方でも、
宇宙規模の大きな「気」の流れが変わりますので
知っておかれるといいかと思います。

 

私のレッスンを受けてくださった
占い師の方によると、
「風の時代」とは、

 

12月22日の冬至に、
水瓶座0度で木星と土星が重なる
「グレートコンジャンクション」という現象が
起きるのだそうです。

 

今回の「グレートコンジャクション」は
最接近する22日前後には
月の見かけの直径よりも近づく
「超大接近」で、
この超大接近は、
約400年ぶりとのことになるのだそう。


 

このグレートコンジャンクションは
20年に一度起きていて、
その度に、「時代の節目」となりますが、
さらに、
約200年ごとに、
エレメント(時代の性質)を変えていきます。

 

今回がこれにこれに当たり、

 

これまで(2020年12月21日まで)の、
金銭・物質・権威が重視された
『地の時代』から

12月22日以降は、
知性・コミュニケーション・個人が重視される
『風の時代』に移ります。

 

たとえば、

 

今年大きく私たちの生活を変化させた、
テレワークやオンラインビジネス、

それから、
ここ数年どんどん生活に入ってきている
電子マネーや、サブスクリプション
(定期購入、課金制度)なども
制約から解き放たれた移行の現象なのです。

 

ですから、
今後はこれらの制約がない中で

 

自分の知識や好きなことを生かして、
スモールビジネスや副業を立ち上げる
フリーランスや個人事業主が増えていく
そんな時代になってゆくのだそうです。

 

なーるほどね。

 

私はコレ、すごーーく、よく解るんです。
まさに、身体で感じています。

「風の時代」がそこまで来ていることも。
感じていたかもしれません。

 

実際、「グレートコンジャクション」も
「エレメント」も「占星術」も、
全く知らなかったけど、
まさに、
自分自身のこれからを考えたとき、

 

この先の時代を生き抜くためには、
これまでの生き方では、
まず、
年齢を重ねていく私の身体が持たないと思った。

 

「身体の声」を聴いたのです。

 

だから、これまで30年間の働き方を大きく変えた。
そうして「今」があります。

 

まぁね、実際は、
なかなか軌道に乗るまでに至っていませんが。

 

「風の時代」。

去年から今年にかけて
未だに猛威を振るっている、
「新型コロナウイルス感染症」の世界的なパンデミックは
まさに、
「風の時代」へ移り変わる過渡期ですよね。

 

というわけで、

 

これからの
『風の時代』を生き抜く心構えについて
教えていただきました。

 

是非、参考になさって下さいね。

 



①フットワーク軽く


気になったらアクセスしてみる!
風に乗るような行動がポイント。



②自分にキャッチコピーを!


「個」が注目される時代だからこそ
自分を知って語れることが必要。



③ブレないマインド


ここは『運気』です!
『風の時代』は私たちひとりひとりが
自分の波動を落とさないことが大切です。



なんですって。

 

あなたは、
どんな風に受け止められますか?

今一度、ご自身の身体に問いかけてみましょう。

そして、
12月22日からの「風の時代」。
是非ご一緒に、
風に乗って、時代に乗って、
軽やかにスタートしましょう。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧